ホーム English
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
>
>
沿革
沿革
1966年(昭和41年)6月東京都千代田区外神田に創業。各種コネクター類の取扱い開始
1967年(昭和42年)4月東京都渋谷区広尾に作業所を開設、およびワイヤーハーネス部門を設置
1968年(昭和43年)8月資本金600万円にてヒーロー電機株式会社を法人設立。関 健治が初代代表取締役社長として就任
1969年(昭和44年)4月自動車補修業界への本格参入、および自動車補修専用圧着工具を開発
1970年(昭和45年)11月本社を東京都渋谷区恵比寿に移転
1972年(昭和47年)10月圧着タイプ式バッテリーターミナル、および専用工具を開発
1975年(昭和50年)6月資本金を1,200万円に増資
1978年(昭和53年)12月資本金を3,000万円に増資
1980年(昭和55年)8月埼玉県越谷市川柳町に製造部門を開設。スタンピング部門・ワイヤーハーネス部門を移転
1983年(昭和58年)8月順送金型部門を設置
1985年(昭和60年)3月埼玉県越谷市増森地区の越谷工業団地用地を取得
1988年(昭和63年)1月埼玉工場(現・本社工場)新築工事着工
1988年(昭和63年)7月埼玉工場新築工事竣工。プレス加工部門および金型部門移転
1988年(昭和63年)12月板タイプ式バッテリーターミナルの製造販売開始
1989年(平成元年)6月安井 徹が第2代 代表取締役社長に就任
1989年(平成元年)12月埼玉工場開設に伴い川柳製造部門を事業統合
1990年(平成2年)3月防水仕様圧着配線ターミナル対応 圧着工具の開発および製造販売開始
1991年(平成3年)3月自動計数包装機の開発設置、および自動包装形式に変更
1998年(平成10年)3月製品の混在包装が可能な自動包装機の開発設置
1998年(平成10年)6月藤井 睦が第3代 代表取締役社長に就任
1999年(平成11年)3月製販一体化体制の構築を目的に本社機能を東京都渋谷区恵比寿から埼玉工場へ移転
2001年(平成13年)11月ISO9002 認定取得
2002年(平成14年)10月ISO9002 をISO9001へ改訂
2003年(平成15年)5月板タイプ式バッテリーターミナル用自動鑞(ロウ)付け機(1号機)を導入設置
2007年(平成19年)10月ISO14001 認定取得
2008年(平成20年)6月加藤 利克が第4代 代表取締役社長に就任
2010年(平成22年)8月ISO9001:2008へ移行
2015年(平成27年)3月板タイプ式バッテリーターミナル用自動鑞(ロウ)付け機(2号機)を導入設置
2017年(平成29年)7月ISO9001:2015 ならびに ISO14001:2015へ移行
2018年(平成30年)2月資本金を5,100万円に増資
2018年(平成30年)3月加藤 弘樹が第5代 代表取締役社長に就任
弊社社名は昭和42年に開設した作業所発祥の地に由来します。
作業所の所在地であった東京都渋谷区 「広尾」の地名を社名として採用しました。
また、創業者である関 健治が、弊社が将来「業界の英雄(HERO)」になれるようにとの強い想いも込めて命名をしております。
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © HERO ELECTRIC CO.,LTD. All rights reserved.