ホーム English
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
>
注目製品
>
>
圧着方法(基本操作ガイド)
簡易圧着工具
> 製品詳細ページ D-19N D-20N

圧着方法(基本操作ガイド)※圧着方法(基本操作ガイド)の説明は、D-19N を使用しております。

D-19Nは、板バッテリーターミナルなど電線挿入部が筒状で、潰すタイプの圧着端子にご利用いただけます。

D-19Nの圧着範囲は8mm2〜38mm2です。
電線挿入部がU字形(オープンバレルタイプ)の圧着端子にはご利用いただけません。

※左記写真製品(板タイプバッテリーターミナル・圧着オープンタイプ)をご使用される場合には、適用工具である油圧式圧着工具(9H-60)での圧着対応をお願いいたします。
古い端子を切り落します。
電線の絶縁被覆をカッターなどを使用して剥きます。その際芯線を傷つけないようにしてください。

被覆ムキの長さは端子の圧着部より2mm〜3mm程度長めにしてください。
圧着する前に、D-19Nの圧着ボルトのネジ部にグリスや油を塗布してください。ボルトの固着、焼き付け防止になります。
端子の圧着部分をボルトの下に入れ、手でボルトを回して挟み込み、圧着する位置を決めます。

その際圧着する部分が中心になるようにセットします。
手で触れてもターミナルが動かない程度まで仮止めします。

※圧着にはソケットレンチ(17mm)をご使用ください。
絶縁カバーを付ける場合は絶縁カバーを先に電線に通しておいてください。
端子に被覆を剥いた電線を挿入し、ソケットレンチでボルトを締め込んでいきます。

※インパクトレンチ等を使用して締めますとケガや破損、圧着不良の原因となりますので絶対にご使用はしないでください。
圧着が完了したらボルトをゆるめ、端子を取り外します。
端子の圧着状態についてよく確認を行ない、圧着作業は完了です。
D-19N 実際の圧着作業を動画で視聴
再生時間:00:02:44、解像度:640x360、アスペクト比:16:9、ファイルサイズ:13.7MB、ビットレート:702kbps (映像630kbps、音声66kbps)
※音量にご注意ください。
ご注意事項

以下の記載項目につきましては厳守願います。火災・感電・怪我・破損、圧着不良の原因となります。

  • 適用電線および適用端子以外の圧着については十分な性能が得られません。弊社ホームページ内の製品カタログ、および総合カタログ内の端子適用工具欄をご参照の上、製品のご使用を願います。また、製品を圧着をする際には、電線サイズおよび端子をご確認の上、作業を実施してください。
  • 本製品で圧着する際には、ソケットレンチ(17mm)をご使用ください。また、ソケットボルトはボルトに対して斜め掛けや浅掛けをしないよう、奥まで完全に差し込みご使用ください。
  • 本製品で圧着する際には、インパクトレンチ等の動力工具のご使用はお控えください。
  • パイプを継ぎ足して締めたり、ハンマーなどで叩いたりする等の本来の使用目的以外とは異なる使用方法は絶対に行わないでください。
  • 本製品の割れ・欠け・摩耗・変形等の異常が認められた場合には直ちに製品のご使用を中止し、新しい製品への交換を実施してください。
  • 本製品を分解したり改造したりすることは、絶対に行わないでください。
  • 確実に結線し、絶縁処理を行ってください。
  • 端子の接続後は定期的に確認を行ない、異常等があれば速やかに交換を実施してください。
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © HERO ELECTRIC CO.,LTD. All rights reserved.