ホーム English
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
>
注目製品
>
>
防水ターミナル施工ガイド
圧着工具
> 製品詳細ページ FRH-07
防水仕様圧着配線ターミナル施工方法のご紹介
070 (FRA) シリーズ・防水ハウジング施工方法 (下記事例は2極仕様)
060 (FRM) シリーズ・防水ハウジング施工方法 (下記事例は3極仕様)
070 (FRY) シリーズ・防水ハウジング施工方法 (下記事例は2極仕様)
090 (FRS) シリーズ・防水ハウジング施工方法 (下記事例は2極仕様)
圧着防水配線ターミナル 製品豆知識
防水コネクタの構造について
防水コネクタを嵌合(=はめ合わせ)することにより、防水コネクタ(品番:FRM-107N)内の防水シールと、防水コネクタ(品番:FRM-106N)の端面が密着し、確実な防水機能を発揮します。
防水コネクタ(品番:FRM-107N) 防水コネクタ(品番:FRM-106N)
ワイヤーシールの役割について
防水コネクタ施工時の電線側からの水侵入を防ぐ役割がワイヤーシールであり、防水性能を求められる箇所でのご使用時には必ずワイヤーシールの装着を願います。
製品装着例 (写真はFRMターミナル) 製品挿入例 (写真はFRAシリーズ・2極仕様)
リテーナーの役割について
リテーナーはターミナルの半挿入を検知するためと、ターミナルの抜け防止の部品です。
防水コネクタにターミナルを挿入する際に、確実に奥まで挿入されていない状態の場合は、リテーナーが装着出来ないようになっております。
FRA-111リテーナー FRM-111リテーナー FRY-111リテーナー
サイトポリシー プライバシーポリシー サイトマップ
Copyright © HERO ELECTRIC CO.,LTD. All rights reserved.